写真展挨拶文を書き上げた!
締め切りや諸々の仕事の中、写真展挨拶文を書き上げた。
いの一番にこのブログで紹介します。


『QUESTION』写真展に寄せて

今まで見たことも無い写真展をやろうというのが我々のスタートでした。
会期中に女優さんに来てもらい、スタイリングや撮影風景など、
実際に見せてしまおうとか、
今までになかった試みを行い、会場にいる間だけでなく、
見終わってからも鑑賞が続く、そんな写真展にしようと話し合いました。
左の写真に写っているメンバーがその発起人たちです。
打合わせを重ね、写真展のコンセプトを「QUESTION」= 問いかけ、と決めました。
「こんなのどう?」と投げかけ、その答えを来場者に見つけてもらう試み!
写真展のタイトルも、同じく『QUESTION』と決めました。

『QUESTION』で展示している写真は、「NY」と「屋久島」、
その2つのエリアを結ぶ「女優」たちです。
脈絡のないように思える3つのテーマ、これを同時に展示することにしたのには
理由があります。大自然の森やコンクリートジャングルといわれる大都会、
その中で生きる私たち。
人間にとっての利便性や経済性を求めた形がNYという大都市だとしたら
屋久島は、動、植物にとっての快適を求めた島です。
違う進化を選んだ経済都市と植物の島
けれど、この2つには同じ時間が流れています。
その中で暮らす私たち。
そこに暮らしながら、もう片方の世界を考えることが出来る人は
心優しき人です。思慮深き人です。
「今、あなたが見ている夕日は、よその国の朝日である」
誰かに教わったフレーズがずっと頭の隅から離れません。
立ち位置の違いで、まったく異なって見えてしまう風景。
“真実”と“事実”の違い。真実は一つ、事実は人の数だけ。
NYと屋久島、それを結ぶ女優たちのゾーン
そこを行き来してもらい、
日々生きているその瞬間、もう一つの時間が、確実に流れていることを
感じてもらえれば幸いです。

テラウチマサト

是非見に来てね!待っています。
[PR]
by masatoterauchi | 2006-07-29 02:26
<< みんな来てね! 写真展準備佳境! >>



写真家テラウチマサトの写真家日記です。不定期ですが週に1回ペースで写真と一緒に更新していきます。
by masatoterauchi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30