<   2006年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧
写真展挨拶文を書き上げた!
締め切りや諸々の仕事の中、写真展挨拶文を書き上げた。
いの一番にこのブログで紹介します。


『QUESTION』写真展に寄せて

今まで見たことも無い写真展をやろうというのが我々のスタートでした。
会期中に女優さんに来てもらい、スタイリングや撮影風景など、
実際に見せてしまおうとか、
今までになかった試みを行い、会場にいる間だけでなく、
見終わってからも鑑賞が続く、そんな写真展にしようと話し合いました。
左の写真に写っているメンバーがその発起人たちです。
打合わせを重ね、写真展のコンセプトを「QUESTION」= 問いかけ、と決めました。
「こんなのどう?」と投げかけ、その答えを来場者に見つけてもらう試み!
写真展のタイトルも、同じく『QUESTION』と決めました。

『QUESTION』で展示している写真は、「NY」と「屋久島」、
その2つのエリアを結ぶ「女優」たちです。
脈絡のないように思える3つのテーマ、これを同時に展示することにしたのには
理由があります。大自然の森やコンクリートジャングルといわれる大都会、
その中で生きる私たち。
人間にとっての利便性や経済性を求めた形がNYという大都市だとしたら
屋久島は、動、植物にとっての快適を求めた島です。
違う進化を選んだ経済都市と植物の島
けれど、この2つには同じ時間が流れています。
その中で暮らす私たち。
そこに暮らしながら、もう片方の世界を考えることが出来る人は
心優しき人です。思慮深き人です。
「今、あなたが見ている夕日は、よその国の朝日である」
誰かに教わったフレーズがずっと頭の隅から離れません。
立ち位置の違いで、まったく異なって見えてしまう風景。
“真実”と“事実”の違い。真実は一つ、事実は人の数だけ。
NYと屋久島、それを結ぶ女優たちのゾーン
そこを行き来してもらい、
日々生きているその瞬間、もう一つの時間が、確実に流れていることを
感じてもらえれば幸いです。

テラウチマサト

是非見に来てね!待っています。
[PR]
by masatoterauchi | 2006-07-29 02:26
写真展準備佳境!
写真展用にフォトバックを2種類注文しました。
写真を組んでいく作業は楽しいものでした!届いたら会場で見られるようにします。
注文した2種類のうちのひとつ、「New York Beach?」というものから今日は
一部作品をお見せします。
d0037252_1582243.jpg

上の写真は朝、4時のロングビーチの写真です。
d0037252_159883.jpg

この家族の写真は、夕方近くのロングビーチの写真。
d0037252_201642.jpg

この写真も夕日に染まり始める時刻のもの。

今回の写真展、かなりの多さのプリントです。
NYエリアだけでも大変な点数。会場にてゆっくりご覧ください。
会場では、スペシャルドリンクとして、有料ですがアルコール飲料も飲めるようにしました。
ソフトドリンクも揃えています。オトナーナ感じで写真展をお楽しみください。
時間は11:00から21:00まで(最終日は17:00)。
土、日は女優さんとのライブイベントがあるため、写真展は14:00からの開場になります。
イベントは、土曜日が美波さん、日曜日が山田麻衣子さんが来場します。このライブイベントにも是非お出でください。昨日は、美波さんマネージャーと打ち合わせ、美波さん、いまNYにいるとのこと。当日のイベントでの撮影も楽しみですが、NYの写真にどんな反応を示すか、NY帰りの美波さんとの話も楽しみですね。明日は、というか今日は、山田麻衣子さんのマネージャーとの打ち合わせを行います。
[PR]
by masatoterauchi | 2006-07-25 02:26
「QUESTION」という名の写真展。
8月2日から7日まで、原宿クエストで開く写真展「QUESTION」
(5,6日は写真展会場で、女優さん参加のライブイベントを開催。そのため、5,6日は、14時まで写真展会場はクローズとなります。)の準備にまっしぐらな日々。
そんな中、当然だけれど平常業務もしっかり精を込めている毎日。
このブログでは、そんな写真展情報を、事情があって来れない方のためにも、そして、これを見て、「やっぱ、行こう!」と思ってもらえる人のためにもお伝えします。
今日は、ロゴの紹介。
d0037252_1045578.jpg

このロゴ。エプソンカラーイメージングアワードの準グランプリを取った林俊作君に書いてもらった。僕は、この子、岡本太郎さんみたいになると思っている。
写真展の企画をモチーフにしたこのロゴの意味を解説します。
ちょっとしたことが、知っていると嬉しいものだからね。
Qは屋久島にいそうな蛇。確かに屋久島には蛇がいる。ハブはいないけど。
Uはロウソク。確かに屋久島では使いそうだけど、いまはキャンプ用品充実してるから色々だね。
Eは男の人。
Sは音楽を奏でる人。僕は最初これが蛇だと思ってしまった。今回も新作のスライドショーを上映。TAKE-Gの新しい音楽も完成したよ。
Tは写真家。もしかして僕の頭文字を意識してくれたかな?
Iはモデル。10名の女優たちがモデルになってくれています。土、日には、美波ちゃんと山田麻衣子ちゃんがやってきます。
Oはマガジンを読む者。もちろん『PHaT PHOTO』のことだろう。
Nはチェスのコマ。
俊作君いわく、「企画と重なっているかわからないものもあるけど、いつもの僕の描くロゴ風に作りました」とのこと。このロゴすごく気に入っている!
d0037252_10585528.jpg

上の写真はブルックリンからのマンハッタン。マンハッタンの摩天楼を眺めながら、「いつかあそこで!」などと考えているのかと思うと、この場所がとても象徴的に思えてくる。写真展で見つけたら、じっくり眺めてね。
[PR]
by masatoterauchi | 2006-07-21 11:05
笑顔を買った!
NYから昨日戻った!かなりハードな4泊6日。
レンタカーを借りて、マンハッタン以外のNYの撮影に終始。走行距離500キロ。結果、とってもお気に入りの写真が撮れて満足している。
ブルックリンやクィーンズ、ハーレムの(=ここは、マンハッタン島だけれど)かなり上のほうまで入って撮影してきた。こんなところに来た日本人は初めてだ!と言われ、家にまで誘われた。最初はカメラを出して歩いていることさえ怖く思えたが、慣れてくると平気だった。実際の怖さより、想像する怖さのほうがずっと大きいのかもしれない。今回もNYは、ピースフルな空気。クィーンズでは、高層ビルを背景に、ニワトリが道で餌をついばむシーンも撮影してきた。嘘みたいなほんとうの話。あまり見たことの無いNY。でも、それはリアルなNYの姿でもある。
ニューヨーカーの大半は、マンハッタン以外に住んで、マンハッタンへは仕事場として向かう。リアルなNYといった理由はここにある。川を隔てて眺めるマンハッタンは、やっぱりなぜか星雲の志を感じさせる威風堂々の姿。今回の写真は、8月2日から始まる(7日まで)原宿クエストホールでの写真展「QUESTION」にて初お披露目する。かっこよくて、ちょっとセンチなNY。驚くと思うから是非見に来てね!
下の写真は、スタッテン島で撮ったマクドナルドでの写真。マックでスマイルを注文したときの写真。 今出ている「PHaT PHOTO」の特集は、写真で笑う!それにちなんで撮影したもの。そんなくだらないことが、異国での旅では楽しいもの。
d0037252_146462.jpg

そしてもう1枚の写真。
これは、マックでプレミアムコーヒーというなの甘いアイスコーヒーを飲んでいるときに店員さんから話しかけられて撮ったもの。この方、72歳のアルバイト店員。
d0037252_147211.jpg
アーミーとして韓国、そして日本の北海道、大阪へも行ったことがあると話してくれた。若い店員に混じって働いている姿に感動。握手を求めたら、「手は洗ってるから綺麗だよ。心配しないで」と言われた。いろいろなこと考えた。アメリカという国に持つ僕のイメージ。実際に感じるアメリカのこと。切なくもあり、素敵に思える感覚。彼から話しかけてきて、彼から話しを遮って仕事場に戻っていった。ホントはもっと別ないろいろなこと話したかったんだろうと思う。
表に出たら、マックの駐車場にスクールバスが停まっていた。それが最後の写真。
d0037252_1473570.jpg

NYって不思議で面白い!
[PR]
by masatoterauchi | 2006-07-11 01:49



写真家テラウチマサトの写真家日記です。不定期ですが週に1回ペースで写真と一緒に更新していきます。
by masatoterauchi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31