<   2007年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
行けなかった人のためのPIE報告
PIE2007もあっという間に終わった!
撮影した写真もアップされてきたので、行けなかった人のためのPIE報告としてどうぞ写真でごらんアレ!
PIEでの講演でも色々キーワードを話したけど、やっぱり「写真は時間操作だ!」。この写真たちを見ていると、PIEでの準備で忙しかったことが懐かしく思い出される。写真ってステキなメディアだと思うね!下の写真はオーガナイザーでの講演の様子。
d0037252_016133.jpg

これはノーリツブースでの僕の撮りおろしたばかりのカリブの写真。
d0037252_0165878.jpg

今回のサインは、カリビアンサイン!色マーカーの多さに注目!
d0037252_0183778.jpg

ノーリツ鋼機での模様。椅子に座っている人たちが見えぬほど、幾重にも人の垣根が出来た。
d0037252_0212241.jpg

写真のアウトプットの色々な楽しみ方を、ゲーム形式で講演したのだけど、もうちょっと見たかった!の声あり。
[PR]
by masatoterauchi | 2007-03-30 00:24
カリブから横浜!
大きな仕事をいくつか抱えてアップアップして進めてきたのに、スピードに慣れてくると気持ちいいほどうまく動き始めるから不思議だ。ギリギリのところで頑張れる人とそうでない人の差を学生時代からいやというほど見てきた。僕のテニス部時代は、勝つ人はいつもぎりぎりだけど勝って、負けてしまう人はいつももう一歩のところで負けてしまう。ほぼ同じ経緯だけれど、その線を越える人と超えられない人の差は結果において大きな差となる。
そういう中で勝つ人は、プロセスを管理できる人。仕事においてもプロセスを考えて仕事をする人は、時間管理もうまい。段取り上手ということだね。見習うこと大だけれど、今週は少しそのコツをスタッフ含め、僕らは身につき始めたのではと感じる。
今週はPIE。
トークや講演スケジュールは下記のとおりです。
●23日(金)、ニコンブースで女優の黒川芽以さんと14時から
「テラウチの視線×黒川の目」というトークセッション。
●24日(土)は、会場のメインステージで13時から
「心捉える写真の作法―何気ないけど何かを感じる写真のヒント」と題して、
時代の読み方。それに呼応する撮り方のセンス、逆に無視したアーティストとしての生き方。それに、個性と普遍について講演します。この1時間は、中身の濃い内容です。
その後、15時からノーリツ鋼機ブースにて
「あの頃を思い出す、写真の楽しみ」というトークを行います。
d0037252_2354319.jpg

カリブの海は今まで見た海の色とはまた違うエメラルドグリーンのイメージが強い海でした。
d0037252_2371410.jpg

全ての撮影が終わった時点で、ガマンできなくなって海で泳ぎました。そのくらい美しい海だった。PIEが終わったら横浜の写真展のために、横浜に入りびたリます。数日だけど!
[PR]
by masatoterauchi | 2007-03-20 23:19
3月になりました!
3月になりました。
早いものです!
この間まで鍋つついていたのに。
東京のどこかですが、桜も咲いているとか。
季節がどんどん先に進んでいきます。
2月に撮影した中で印象的だった人は、篠山紀信さん。
六本木のオフィスに行って、グレーバックで撮りました。
撮影したのは初めてですが、変わらずとってもいい方でした!
僕の経験でいえば、凄い人ほど謙虚です。

撮影方法は、望遠系のズームレンズで撮りました。
偉大な人は遠くから撮る。慣れるに従って近づいていく、という戦法。
楽しい時間でした。

明日からバージン諸島に行きます。
バージン諸島はカリブ海にあります。
今出ているDESELのポスターみたいな感じで撮ってこようと思っています。
NYに立ち寄り、その後セントトーマスに向かいます。
戻りは12日。
すぐに、キヤノン+アップル+ファットフォトが企画したPHOTO MEETS MUSICのイベントやPIEのイベントが控えています。それにまだ言えないのだけれど、写真展も企画中。

3月もまた、僕の気分より早く進んでいってしまう予感。
いつかきっと、季節を待っていられるようになりたいと思う3月の頭!
[PR]
by masatoterauchi | 2007-03-02 23:02



写真家テラウチマサトの写真家日記です。不定期ですが週に1回ペースで写真と一緒に更新していきます。
by masatoterauchi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31